さいたま・川口イベント情報

さいたま市・川口市・川越市・越谷市・東部地域(春日部市・草加市など)のイベント情報を掲載しています

川越市 長期開催

平山郁夫展 シルクロードとガンダーラ美術

投稿日:

2020/01/25(土)~2020/03/15(日)
会場:川越市立美術館
日時:1月25日(土)~3月15日(日) 川越市郭町2-30-1

***

戦後を代表する日本画家・平山郁夫(1930-2009)の芸術を支える重要なテーマに、シルクロードがあげられます。日本文化とは何かという命題のもと、1968年にその源流を訪ねてシルクロードに足を踏み入れた平山は、以降40年以上にわたって取材を重ね、文明や民族、宗教や文化が交差する歴史ある交易路の壮大な風景とそこに生きる人々を描き続けました。

平山はまた、取材をとおしてシルクロードに残る貴重な文化遺跡の危機的状況に直面し、文化財保護の提唱・実践者として奔走したことでも知られています。

本展では、平山郁夫シルクロード美術館が所蔵する作品群の中から、ユーラシア各地や日本の美しい風景を描いた代表的な日本画と素描作品の数々をご紹介します。あわせて、彼の文化財保護活動の所産である貴重なコレクションから「釈尊伝」を中心とするガンダーラ美術を一堂に展示します。

掲載作品
1 平山郁夫《シルクロード行くキャラバン 東・太陽》2005年
2 平山郁夫《朧月夜 ブルーモスク イスタンブール》2007年
3 平山郁夫《古城(ジャイサルメール・インド)》2005年
4 平山郁夫《太子出城》1969年
5 平山郁夫《薬師寺》1997年
※すべて平山郁夫シルクロード美術館蔵

会期
2020年1月25日(土曜)から3月15日(日曜)

開館時間
午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休館日
月曜日(2月24日は開館)、2月25日(火曜)

観覧料
一般 600円(480円)
大学生・高校生 300円(240円)
中学生以下 無料
( )内は20名以上の団体料金

身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
「川越きものの日」にちなみ毎月8、18、28日に着物で来館された方は団体料金



-川越市, 長期開催

Copyright© さいたま・川口イベント情報 , 2020 All Rights Reserved.